確定申告の医療費控除について

確定申告のやり方で、特に気になるものは、
医療費控除でしょう。

病院にかなり支払った方などは、確定申告で
一定額を取り戻すこと(控除を受けること)
が可能になります。

その際に大事になってくるのが、
病院の領収書です。

家族の分も含めて保管しているか確認してみて
ください。

医療費明細書に記入していくのですが、
この医療費明細書は税務署で入手することができます。

領収書を添付するのですが、コピーは認められていません
ので注意しましょう。

対象となるのは、1年間で支払った部分です。
違ったものが入っていないかしっかりと
日付をチェックしてください。

正しいやり方や計算方法などは、
医療費明細書に記載されているので、
当てはめていけば金額が出るようになっています。

また、簡単な確定申告の書き方といった
本を購入するのもいいかも知れません。


高額療養費などで戻ってきた金額は計算の除外と
されていますので、注意してください。


対象となる一般的な例としては、
入院費や定期健診、治療費や診察代などです。

美容整形などは対象とされていません。


あなたの生命保険は、まだまだ安くなる。








posted by 2014年確定申告の書き方とやり方 at 20:52 | 医療費控除
TOPに戻る

スポンサードリンク





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。