確定申告の医療費控除について

確定申告のやり方で、特に気になるものは、
医療費控除でしょう。

病院にかなり支払った方などは、確定申告で
一定額を取り戻すこと(控除を受けること)
が可能になります。

その際に大事になってくるのが、
病院の領収書です。

家族の分も含めて保管しているか確認してみて
ください。

医療費明細書に記入していくのですが、
この医療費明細書は税務署で入手することができます。

領収書を添付するのですが、コピーは認められていません
ので注意しましょう。

対象となるのは、1年間で支払った部分です。
違ったものが入っていないかしっかりと
日付をチェックしてください。

正しいやり方や計算方法などは、
医療費明細書に記載されているので、
当てはめていけば金額が出るようになっています。

また、簡単な確定申告の書き方といった
本を購入するのもいいかも知れません。


高額療養費などで戻ってきた金額は計算の除外と
されていますので、注意してください。


対象となる一般的な例としては、
入院費や定期健診、治療費や診察代などです。

美容整形などは対象とされていません。


あなたの生命保険は、まだまだ安くなる。








posted by 2014年確定申告の書き方とやり方 at 20:52 | 医療費控除

確定申告の準備

平成24年分の確定申告。
年も明けるとそろそろ準備に入る方も多いと思います。


個人事業主だけでなく、住宅控除や医療費控除を
受ける方などは、サラリーマンであっても確定申告
をしなければいけません。


住宅控除などは、初年度に関しては、
自分で確定申告をする必要があるのです。
(2年目以降は、会社の総務・人事担当者など
が年末調整で処理してくれますが・・・)


また、医療費控除も本人が申告しない限り、
戻ってきませんので、頑張って作成してください。


確定申告の書類や
医療機関からもらった領収証を入れる封筒などは、
税務署に行くともらえます。

これからの時期、税務署の受付窓口の横などに
積んで置いてある場合が多いものです。


はじめての人は、難しそうに感じるかも知れませんが、
書き方などを見れば、スムーズにできるものです。


医療費控除は、家族の分も合計できますので、
今のうちに領収書などは整理しておきたいものです。


分からなかった時など
何か1冊確定申告の本が手元にあると便利かも
しれませんね。

タグ:確定申告
posted by 2014年確定申告の書き方とやり方 at 20:36 | 医療費控除

医療費控除の申告

医療費控除

医療費控除は、申告をしない限り、
税金は戻ってきません。

これは、権利ですから、サラリーマンの方も
面倒かもしれませんが、申告したほうが得です。

もしも、領収書などがある人はしっかりと
保管しておくことが大事です。

病院を頻繁に通っている人がいる家族の方は、
是非、医療費控除を申告したいものです。

医療費控除は、家族の分もまとめて
申告することができます。自分だけではないので、
かき集めてみて合計できるのです。

どんなものが医療費控除の対象となるのでしょうか?


医療費控除の対象としては、

●治療費・診療費

●入院費・部屋代など

●通院のためのバス代や電車代

●風邪薬代

●出産のための入院費や定期健診

●老人介護ステーション利用時の自己負担

などがあります。

この他にもありますので、不明な場合は
調べてみることをおすすめします。
posted by 2014年確定申告の書き方とやり方 at 17:18 | 医療費控除
TOPに戻る

スポンサードリンク





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。